menu

CRITERIA

5つの採用基準

01 学生時代にスポーツに打ち込んでいた方や
熱中している趣味がある方

スポーツに打ち込んでいた方や熱中している趣味がある方は、物事を最後までやり切る力があると考えております。
のめり込める素質があるということは、仕事においてもここぞというときに集中することができ、高い成果を出すことが出来ます。
仕事には山もあれば谷もあります。
仕事が煮詰まってしまったときや頭を空っぽにしたいときなど、スポーツや趣味でしっかりリフレッシュすることが出来ます。

それにより、また明日から頑張ろうという気持ちや、課題を解決するアイデアを思いつくことが出来ます。

02 経験の有無は問いません

人材業界での経験は問いません。
ほとんどの社員やスタッフが人材業界未経験で入社しております。
どんな経験があるかよりも、入社してからどのように頑張っていきたいかを重視しております。
人と関わることが多い仕事の為、様々な経験や知識がとても役に立ちます。
なので、人材業界に関係の無い前職での知識や経験により求職者の方との話がはずみ、良い関係性を築くことが出来ます。

03 仕事に対して積極的に行動できるか

常に自ら考えて動くことができ、失敗することを恐れない方は成長スピードが早いです。
質は量からしか産まれません。頭で考えるよりもまずは行動してみる、その積み重ねが大きな成果に繋がります。

初めは誰にでも失敗がつきものです。失敗をただの失敗で終わらせるのではなく、なんで失敗したのか、次はどうすれば成功するのか、それを常に考え続けることで段々と仕事の質が向上していきます。

04 コミュニケーションが好き

人材コンサルタントは特に社外とのやり取りが多いです。
企業や求職者とのコミュニケーションを楽しみながら行える方が大きな成果を出しております。

05 新しいことにチャレンジできる

現代は技術の進歩が早く社会の流れが以前にも増して非常に早いです。
変化の波に乗り遅れない為にも、常に新しいことにチャレンジしていくことが必要です。
新しい「こと」や「もの」に対して嫌悪感を抱かずに接することが出来る方であれば大いに活躍できます。
100%の完成度ではなくてもとにかく動いてみる、見切り発車でもチャレンジしていくことが重要です。