menu

2007年入社

I・K

制作部 主任

日頃どんな仕事をしていますか?

私のポジションはちょっと特殊で社内外のWebサイト、パンフレットやチラシなどの制作、社内システムの作成と総務の仕事をしています。

制作の仕事は、制作物を作りたい部署とデザイナーとの折衝が主な仕事で、大雑把なレイアウトや文言の策定などを行い、デザイン担当へ依頼するという仕事になります。

また、Webサイトの設計やプログラムの修正や追加など、弊社の様々なWebサイトがより良く便利になるよう日々改善を行っています。
社内の仕事が早くなるよう、社内システムの作成も行っています。

総務の仕事としては、採用、PCの設定・トラブルの対応、請求書の作成、新システムの使用感の確認など様々な業務を行っています。

弊社はWebサイトを中心に事業を行っているので、新規事業や新規企画などの立ち上げなどに深く関わることも多くあります。

社内の何でも屋が一番わかりやすい表現かもしれません(笑)

仕事のどの部分にやりがいを感じますか?

同じことが少ないことです。

私は広く浅くのタイプなので、毎日違う作業や新しいことが出来ることにやりがいを感じます。

もちろん、大きな流れとしては同じことでも、1年前と今とではトレンドも変わっていますし、様々な技術や自分や周りの考え方も変わっているので、今に合ったWebサイトを作ったり、機能を追加したりなど、同じことをやっているようでも考えることは全く違います。

また、新規事業や新規企画に深く関わるので、苦労や苦悩も多くありますが、常に新しいチャレンジができ、リリースされた時・成果が表れた時はとてもやりがいを感じます。

ここ最近ではindeedの正規代理店になれたことにとてもやりがいを感じました。

どんな技術が社内の役にたっていますか?

自慢できるレベルではありませんが、プログラミング技術、デザインの知識、SEOの知識、ブランディングの知識、パソコン関連の知識を多少なりと持っているので、制作部の主任として今のポジションを頂けているのかなと思います。

これらの技術や知識は、カスタマへ入社してから業務中に身につけたものもありますし、もともと好きで知っていて上積みされたものもあります。

正直なところどの技術に強いということは無く、どれも平凡だと自分では思っています。しかし、平凡ならが様々な技術や知識を持っていることが自分の強みだと思います。

Webの世界は特化型になりやすく、プログラミングならプログラミングのみ、デザインならデザインだけという方が多く、良い機能を付ければ売れるのか?良いデザインなら売れるのか?ということを考えると、売るための知識も必要になってきます。

そういった面で私の広く浅くの知識が役に立っているのかもしれません。

今後、どんな組織を作って行きたいですか?

新しいことにどんどんチャレンジする組織!

今の社会の流れはとても早くなっています。特にWeb関連では日進月歩ではなく、秒進分歩で流れていきます。その中で会社が残っていくためには新しいことにどんどんチャレンジしていかなくてはならないと思います。

新規事業や新規企画の立ち上げに深く関わる部署なので「まずはやってみよう!」と失敗を恐れずにチャレンジしていける組織になっていきたいと思っています。