menu

2014年入社

I・Y

人材事業部4課 課長

日頃どんな仕事をしていますか?

課の数値、スケジュール管理、各コンサルタントの業務確認とフィードバック、その他社内で業務変更時の際等の立案、マニュアル作成、促し等を行っております。

各期の予算に対して、いつまでにどれ程の数値を作らなければならないのか目標値を定め、過去の傾向を元に各時期のコンサルタントの対応方法について考え、指示を出していきます。その中で各コンサルタントの良い点、改善が必要な点を見つけ、その間の成果から本人と話し合い、逆算をさせて、もっと伸ばすべき点と、改善していく点を明確にし、今後どのように取り組んでいったら良いか話しあい、必要に応じてアドバイスをします。

また、世の中の変化に合わせて、会社自体のやり方を変える必要がある際には、具体的な方法論を考え、マニュアル作成、促し、実施確認、フィードバックを行います。企業様、求職者様双方にお喜びいただけるようにサービスの向上、その中で社の業績が上げられる方法を日々考え、実践しております。

仕事のどの部分にやりがいを感じますか?

自分たちで新しく作り上げていく事と、その内容と頑張りが成果に直結する事です。

教育方法、新しいやり方などを考え、実践し、形にしてきました。私が入職した時には目標、目標達成までの期間など曖昧なものが多く、また、仕事を覚える為の教材などもなく、言われた業務をする中で分からない事について調べ、失敗を重ねながら仕事を覚えてきました。人よりも多くの失敗をしたからこそ、与えられた目標を達成する事ができ、任せていただける仕事が増えたのであると感じております。現在は、以前よりも環境は整備されてきましたが、チャレンジする機会を多くいただける点と、アプローチの方法が個々の裁量に任せられている点に関しては変わらない為、目標を達成出来た時には他では味わう事の出来ない充実感と、自分自身が成長出来たと実感します。

仕事のどの部分が大変ですか?

複数の業務を一定期間内に同時に行わなければならない事と、正しい答えへの辿り着き方は自分自身で考えるしかない事です。

現在、若い方が増え、個人、課と共に成長している所です。その為、教育、制度なども日々変化が伴います。全体の仕事、コンサルタント各個人に伝えなければならない事が同時に行わなければならない瞬間があり、少しでも遅れてしまうと売上を落としてしまう可能性があります。自身の選択が正しかったのか、間違いであったのか分かるのは売上になったかどうかであり、間違いであった場合には、どのようにすれば正しかったのか考える事しか出来ず、明確な答えについては誰からも教えてもらえません。

全て自分の責任の元、方法論から考える事は非常に大変ではありますが、成果に結びついた時の喜びもその分大きいと感じております。

今後、どんな組織を作って行きたいですか?

個とチーム、それぞれが強く成長し、各メンバーの個性をストロングポイントとして捉え、売上増を目的とした上で、新たな事にチャレンジし続ける事が出来る組織を作っていきたいと考えております。

弊社のコンサルタントは中途採用者がほとんどであり、カスタマに入社するまでに積んだ経験、環境が異なる為、視野、考え方も異なります。最大限の売上を追求する事を全員の共通目標、共通認識とはしておりますが、その他に関して「絶対」を定めておりません。個々の発信を受け入れ、常により良い方法を考え、行動し、全員で売上を追いかける事によって、それぞれの良さを吸収し、個人・チームと共に高め合っていきたいと考えております。

メンバー全員が同じようなコンサルタントである必要はなく、個々の個性を大切にして、場面によって主役が変わる、誰もが主役になる事が出来るような組織を作っていきたいと考えております。